新宿でダウンタイムの短い脂肪吸引をしました

落ち着いて治療を受けることができました

クリニックごとに得意としている治療は違いがありましたが、いずれのクリニックも体に負担の少ない最新の治療を導入しているとのことでした。

脂肪吸引の手術では2週間程度は内出血やむくみなどの症状が出るそうです。

ダウンタイムを抑えるには、できるだけ体に負担の少ない治療を選ぶこと、そして治療後の圧迫やケアなどをきちんと行うことが大事とのことでした。

それから、脂肪吸引は入院が必要な治療と思っていたのですが、今では入院の必要もなく日帰りで行えるとのことです。

カウンセリングの日はすぐに契約をせず、一度帰宅して落ち着いて考えることにしました。

ダウンタイムはできるだけ短いほうが良いといえますが、日帰りでできる治療とはいえ、やはり体への負担は機になります。

まずは、仕事を十分に休める時期を選ぶことにしました。

それから、医師の技術力の高さによっても、その後の回復には差が出るようです。

そこで、各クリニックの医師の実績や評判も調べ比較してみることにしました。

新宿で、特に気になっていたクリニックがあったのですが、医師の実績も豊富で評判も高かったため、こちらを選ぶことにしました。

手術当日は不安もありましたが、丁寧な説明もありましたので落ち着いて治療を受けることができました。

Copyright (c) 新宿でダウンタイムの短い脂肪吸引をしました